おでかけホリック

お散歩、バス旅、くるま旅、時には電車旅、おでかけの覚書きです。

梅小路公園に行って来たのだ。

今日は鉄ちゃんの楽園、梅小路公園に出かけようと思い、四条大宮にやってきました。阪急京都線が地下を通っています。結構、大きなターミナルだと思うんですけどねえ、通勤特急以外の特急は停車しなくなってしまいました。

f:id:pearlwave:20190626110612j:image

交差点南東の四条大宮バス停です。

f:id:pearlwave:20190626110623j:image

交差点の四方に、四条大宮という名前のバス停があります。バスの進行方向によって、停車するバス停が違うので、行かれる時は気をつけてくださいね。梅小路公園四条大宮より南にあるので、南東のバス停になります。

梅小路公園行きと書いてあるのは58号系統しかありませんが、京都水族館梅小路公園にあるので、18号系統 特18号系統 71号系統 特71号系統 6号系統 206号系統 207号系統で行くことができます。

f:id:pearlwave:20190626110650j:image

四条大宮南東バス停の後ろは、こんな駐車場になっています。タクシーや大型バスの停車するところなのですが、ここの名称は四条大宮公園と言うらしいです。バス旅行を申し込んだ時、集合場所に四条大宮公園と書いてあったのですが、「四条大宮に公園なんてあったっけ???」と思い随分検索したのですが、公園らしきものは無く…。旅行会社に電話して尋ねたら、交差点南東の駐車場とのことでした。公園って感じでは全くありませんが…。京都からバス旅行に行かれる方は、ここの名称を心に留めておいて下さいね。

 

 

梅小路公園もよりの交差点で下車しました。七条大宮です。交差点角に電車の彫刻がありました。気分が盛り上がってきました。

f:id:pearlwave:20190626110843j:image

 

少し南に歩いて到着。公園入って直ぐに、京都水族館があります。

f:id:pearlwave:20190626110914j:image

 

続きを読む

凄い御弁当に出会いました。

上皇ご夫妻が京都に来られていると桃山御陵の近くに住んでいる友達に聞きました。一目御目にかかりたいという、たくさんの人々で沿道は埋め尽くされていたとのこと。そんな話を聞いて羨ましくなって、ご夫妻が滞在しておられる京都御苑に行ってみました。(2019/6/13だったような^^;)

久しぶり(2年ぶり)に行ってみたら、中立売休憩所が、あらまあ驚き!綺麗になっちゃって〜。

f:id:pearlwave:20190624162412j:image

f:id:pearlwave:20190624162426j:image

中の左半分が和食のレストランになっていて、右半分が売店と無料休憩所になっています。無料休憩所では、持ち込みでお弁当を食べても良いようです。遠足らしいたくさんの中高生がお弁当を食べています。

 

レストランで召し上がっておられる方の器が、目を見張るような凄い器です。私も食べてみることにしました。

f:id:pearlwave:20190624162932j:image

ねえ、凄いでしょ。御所車です。

続きを読む

家に帰ります。(静岡県吉田町〜掛川〜浜松〜鈴鹿〜大津編)

昨日はナビ子に翻弄され思いもよらないコースを辿りましたが、なんとか無事にRVパーク静岡に着きました。RVパーク静岡は、スーパー銭湯の駐車場を車中泊に利用できる施設です。寝る所から歩いていける距離にお風呂があるとね、ほんと楽です。ここはトイレも24時間開いてるし電源もあるし、快適な一晩を過ごせます。

因みに、「RVパークはくるま旅クラブの会員でないと使えない」とブログに書いておられる方もあるようですが、RVパークは誰でもどんな車種でも使えます。湯youパークや民パークは会員でないと使えませんが…。興味をお持ちの方は、くるま旅クラブで検索してみてくださいね。

f:id:pearlwave:20190617214434j:image

RVパーク静岡です。良いお湯でお肌ツルツルになりました。息子の指輪はピカピカになったそうです。

f:id:pearlwave:20190617214444j:image

こちらの駐車場で車中泊しました。少し地面が傾斜しているので、レベラーをお借りすることで車を水平にすることができました。このレベラー手作りなんです。素敵でしょ!

f:id:pearlwave:20190617214503j:image

車中泊愛好家の中では、水平でないと眠れないという方が多いようですが、私は坂がキツくても結構平気で寝てしまいます。だからレベラーは購入していませんでした。しかしここで初めてレベラーを利用させていただき、ヤッパリあったほうが寝やすいことは否めないと思いました。でも買うと高いんですよね。私も木材でレベラー作ってみようかな。

f:id:pearlwave:20190617214516j:image

これが電源です。駐車場に設置してあります。この日は3月、まだまだ寒かった。この電源のお陰で、持参の電気オイルパネルヒーターを使って暖を取ることができました。爆睡できて元気ハツラツです。

 

折角、静岡に来たのだからお昼に鰻を食べようと思い、イロイロ調べました。今出れば、12時前に掛川に着きそうです。ここ吉田町にも良い鰻屋さんあるみたいだけど、時間の都合が良いから掛川で食べるとするか。RV パーク静岡様、お世話になりました。また来ます。絶対来ます。

 

続きを読む

家に帰ります。(ナビ子御乱心編)

3月末に東京に自動車で遊びに行っていました。行ったきりという訳にも行かないので、お名残り惜しいけれど帰ることにしました。

まずは首都高。そして東名に乗りました。快調に走っているうちに足柄SAに到着しました。

f:id:pearlwave:20190616203738j:image

富士山が良くみえました。昨年、ここに来た時には、全く富士山は見えなかったので感激です。

f:id:pearlwave:20190617103810j:image

去年足柄に来た時に見ることのできた富士山です(笑)この日の足柄SAは、ペヤングソース焼きそばにジャックされていて、二階の足湯カフェのメニューもペヤングソース焼きそばでした。もちょっと違うものも食べたかったぞ。

 

続きを読む

道の駅 仁保の郷に行ってきたのだ。

法事が終わった後、新幹線の発車時刻まで時間がたっぷりあったので、道の駅に寄ってみることにしました。(新山口駅でレンタカー借りました。)
仁保の郷です。横に長ーい広々とした施設です。

f:id:pearlwave:20190609163514j:plain

仁保の郷

f:id:pearlwave:20190609163555j:plain

仁保の郷

山口県内の特産品がたくさん置いてあります。食べ物だけでなくて、金魚やめだかなんかも売ってありました。

 

では買ったものをご紹介します♪

山口と言えばこれですね。

f:id:pearlwave:20190609164340j:plain

蒲鉾です。この蒲鉾は山口の蒲鉾にしては、こりこり感がソフトな蒲鉾でした。
右端の蒲鉾はワカメ入りでして、コリっとした蒲鉾の中にヌルっとした海藻の口当たりがして、とても不思議な感覚ででした。初めての感覚です。
真ん中は伝統の山口の蒲鉾です。左端の蒲鉾はウニ入りでして、大層上品で美味しかったです。三本揃って大変GOODです。

続きを読む

新山口駅に行ってきました。

先日(2019/5/26)、法事にて、山口県を訪れました。

f:id:pearlwave:20190608231801j:plain

新山口駅

f:id:pearlwave:20190608232209j:plain

種田山頭火

山頭火って山口県出身なんですね。あっけらかんとした淋しい句だなあと常々思っていましたが、子供の頃母親を亡くした影響とのこと。淋しい子供時代を過ごしたのだろうと思うと胸が痛みます。

 

f:id:pearlwave:20190608234637j:plain

D51 797

駅前に蒸気機関車の動輪が置いてありました。昭和50年に引退。

f:id:pearlwave:20190609001014j:plain

スタンプ帳(DISCOVER JAPAN)

古臭いお見苦しい写真で申し訳ありません。これは国鉄時代のスタンプ帳です。昭和48年8月の家族旅行の出発の朝、父がキオスクで買ってくれたものです。「駅にはスタンプというハンコがある。それを集めよう。」という父の提案でした。では、開いてみましょう。

f:id:pearlwave:20190609000907j:plain

昭和48年8月8日、幼い頃の私の記録を見ると、『おおみしまからはぎにいくときに「えすえる」にのりました。』と書いてあります。やけくそなほど、全部ひらがなで書いてありますな。せめて、えすえるはカタカナで書いて欲しかった(笑)しかもおおみしまでは無くて、おうみしまが正解ですな(笑)

f:id:pearlwave:20190609002144j:plain

こちらには「えすえるがとまったときおしたすたんぷ」と記録しています。
この記録によると、仙崎~長門長門三隅~萩と移動したようです。山陰本線ですね。どこの駅からエスエルに乗ったか覚えていないのですが、ホームで列車を待っていると大きな音をたてて蒸気機関車が入ってきたことは鮮明に覚えています。長門三隅で長く停車したので「スタンプを押しに行こう」と言う父に急かされて、隣のホームまで走ったような記憶がうっすらあります。
この区間を走っていた蒸気機関車D51とC58とのこと。もしかしたら、この時に乗った蒸気機関車の動輪が新山口の駅前に保存されているものかもしれないと思うとワクワクしてきました。

そしてふっと、こんな子供時代の親との楽しかった記憶が山頭火にはあったのだろうかと思うと胸がぎゅっと締め付けられました。いいえ、もちろん山頭火にもお母さんとの楽しい時間はたくさんあったでしょう。幸せだった程、楽しかった記憶が苦しいものになってしまう、それが愛する人の死というものかもしれません。

 

捨てきれない荷物のおもさまへうしろ

うどん供えてわたくしもいただきまする          

(種田山頭火の句です。)

さて、では法事に行ってきます。愛されていたことに感謝して、しっかり祈ってきます。

 

 

 

 

白浜荘オートキャンプ場に行ってきたのだ。

全国津々浦々に白浜という名前のところがありますね。和歌山の白浜が有名かと思いますが、今回私が向かったところは、滋賀県高島市安曇川町 近江白浜です。(2019/4/27)
中越で大津に出て、湖西道路に乗りました。湖西道路とは、琵琶湖の西岸の山麓を走る道路で、以前は有料自動車道だった立派な道ですが、現在は無料で通ることができるありがたい道です。でも、これ、なかなか長いんだな。以前は、高速のようなSAとかPAとかが無くて京都から連続で運転してくると、休憩するところが無くて途中でげんなりと疲れたものでした。
長らくそんな湖西道路でしたが、真野ICの近くに妹子の里という道の駅ができて、途中で休憩できるようになりました。

f:id:pearlwave:20190603112818j:plain

道の駅 妹子の里

名前の由来は、小野妹子の出身地だからということです。
大きくて綺麗なトイレ、レストラン、物産販売所、無料休憩所、ローソン、電気自動車充電施設等があり、落ち着いて休憩できます。
新鮮なお野菜や琵琶湖のお魚の佃煮、近江牛等の地域の物産がお安く手に入ります。
ほんと、ここ出来てくれて良かったです。ドライブ疲れを癒すことができました。
さあ英気を養って、又出発です。

ここぐらいまでは、良い天気だったのですが、だんだん雲行きが怪しくなってきました。白髭神社についたときは、キツネの嫁入り状態で降ったり止んだり。

f:id:pearlwave:20190603113521j:plain

白髭神社の鳥居

四月の終盤なんですが、風が強くなってきて寒い寒い。いかにも寒そうな写真でしょ。

続きを読む