おでかけホリック

お散歩、バス旅、くるま旅、時には電車旅、おでかけの覚書きです。

嵐電を端から端まで乗ってみたのだ。(嵐山本線編)

f:id:pearlwave:20190930155527j:image

嵐電嵐山本線に乗って、嵐山に向かっています。

車折神社駅に着きました。くるまざきと読みます。ここも難読地名ですよね。駅舎全体が神社の様な赤い色ですね。駅の向こう側に車折神社の鳥居が見えます。芸能の神社なので、たくさんの芸能人が奉納されておられます。貴方の好きな芸能人の御名前を境内で拝見することが出来ると思いますよ。


f:id:pearlwave:20190930155534j:image

嵐山駅に近づいてきました。いろんな柄のポールが立っています。夜になると光るようです。
f:id:pearlwave:20190930155518j:image

流石に、終点だけあって構内が大きいですね。
f:id:pearlwave:20190930155507j:image

一番東側に足湯があります。冬に入った時は気持ち良かったですが、今日は気温が30度ぐらいあるので、足湯はやめときます。のぼせるからね。
f:id:pearlwave:20190930155524j:image

駅舎を外から眺めたところです。嵐山のメインストリートに面しているので、たくさんのお店が入っていて、観光客で賑わっています。

f:id:pearlwave:20190930155537j:image

桂川まで散歩してみました。今日は、水が多いねえ。

f:id:pearlwave:20190930155541j:image

渡月橋です。風情があります。

f:id:pearlwave:20190930155521j:image

ミッフィーのパン屋さんがありました。グッズも売っています。

f:id:pearlwave:20191012140317j:image

パンを三つ買うと、ミッフィーのお家の形の箱に入れてくれます。その箱欲しさに、パンを三つ買いました。

赤いのが、ミッフィー達磨だそうです。ミッフィーの形のクッキーが乗っているのは、クリームパンです。ショウウィンドウの見本を見ると、いろんなミッフィーパンがあるようですが、売り切れてしまったそうで、残りは普通のミートパイしか有りませんでした。焼いても焼いても、直ぐ売り切れるようです。大人気ですね。


f:id:pearlwave:20190930155503j:image

太秦広隆寺駅です。太秦は「うずまさ」と読みます。これも難読地名っぽいですよね。
f:id:pearlwave:20190930155515j:image

駅のほぼ前に、広隆寺の門があります。

 


f:id:pearlwave:20190930155511j:image

嵐電天神川駅です。嵐電は、古風な駅が多い中、ここは現代的な駅です。ここは地下鉄の天神川駅も通っています。右京区役所や右京図書館もあって、右京の中心地です。


f:id:pearlwave:20190930155530j:image

と、なんだかんだと言っているうちに終点、四条大宮駅につきました。ビルの一階に駅があります。流石に四条大宮は都会です。ビルが大きいわ。

f:id:pearlwave:20191007152415j:image

今日は、この500円の1日乗車券で、全線たっぷり乗って、満喫しました。この乗車券持ってると、あちこちの観光地で割引があったり、おみくじをひけたりとかの特典があるそうです。

因みに嵐電は、小さい駅には駅員さんが配置されていません。ですので、降りる時に運転手さんの前にある機械に切符を入れたり、ICOCAをピッとさせたり、1日乗車券を見せて降ります。ワンマンカーなので、車掌さんはおられません。だから小さい駅での降車は、一番前のドアから降りることになります。

大きな駅では、駅員さんがおられて改札がありますので、どのドアから降りても構いませんし、改札で切符は回収されますし、ICOCAのピッも改札で出来ます。

この駅は、どっちの方法かなあ?と少し悩みますが、放送がちゃんとその旨、流れるので大丈夫です。

観光地が多い路線ですので、是非とも乗ってみてくださいね。